医者と話している男性

降圧薬は、薬の力によって体に作用をもたらし、そのことで血圧を下げる薬です。
様々な種類があり、それごとに体に対する働きかけは異なります。
その降圧薬の危険な使用方法としては、アルコールを含む飲料と摂取する方法が挙げられます。
これは何も降圧薬に限ったことではありませんが、薬とアルコール飲料を同時に摂取することは絶対にやってはいけないことです。

互いの作用が強く出過ぎる結果を招くこともあり、場合によっては意識を失い昏倒してしまうこともあります。
そして降圧薬に限って言うと、カルシウム拮抗薬と呼ばれる種類に関しては、グレープフルーツなどの柑橘類のジュースと飲むことも、避けたい方法です。
これはグレープフルーツなどの柑橘類の成分が、カルシウム拮抗薬の分解、代謝を阻害する働きを持っているためです。
そのため同時に摂取すると、カルシウム拮抗薬の薬効である血管拡張作用が強く出過ぎてしまって、頭痛や顔面紅潮、激しい動悸と言った副作用が出てくるおそれもあります。

それから、薬の種類を勝手に変えると言うのも危険な使用方法です。
これは特に、腎症や糖尿病、心疾患を抱えている人に対して強く言えることで、そうした人に対しては、その症状に支障を来さない種類の降圧薬が処方されています。
よって、ただ単純に血圧が下がる薬と言う認識だけで、処方されている以外の薬を服用すると、そうした持病が悪化するおそれもあります。
同様に、医師に指定されていないのに、複数の降圧薬を同時に摂取するのもやってはいけないことです。
また降圧薬は、一度、服用したからと言って高血圧を改善、治療する薬ではありません。
あくまでも一時的に血圧を安定させるための薬です。
ですから、勝手にその服用を止めてしまうと言うのも危険な使用方法です。