• ホーム
  • 降圧剤の種類とジェネリックについて

降圧剤の種類とジェネリックについて

血圧を測定される患者

降圧薬には主要なものとして、Ca拮抗薬、ARB、ACE阻害剤、利尿薬、α/β遮断薬という5種類に分けられます。
Ca拮抗薬は、血管を広げて血圧を下げる働きのあるお薬です。
ARBは、血圧を上げる物質であるアンジオテンシンIIの働きを抑え血圧を下げるお薬です。
ACE阻害剤は、アンジオテンシンIIを作らせないようにし血圧を下げるお薬です。
利尿薬は、尿を出すことにより血流中の水分量を減らし尿と一緒に血圧を上げる原因となるナトリウムを排出するお薬です。
α遮断薬は血管の収縮を抑えて血圧を下げるお薬で、β遮断薬は心臓の働きを抑えることにより血圧を下げるお薬です。

Ca拮抗薬としては、アダラートやノルバスクなどがあります。
これらのジェネリックとしては、それぞれニフェジピン、アムロジピンが多くの製薬会社から出ています。

ARBとしては、ディオバン(バルサルタン)、ニューロタン(ロサルタン)ミカルディスなどがあります。
特にミカルディスは心臓や腎臓の負担も軽減するのでよく使われています。
これらのジェネリックとしては、それぞれバルサルタン、ロサルタンK、クレサーが出ています。

ACE阻害剤としては、タナトリル(イミダプリル)やレニベース(エナラプリル)などがあります。
これらのジェネリックとしては、それぞれイミダプリル塩酸塩、エナラプリルマレイン酸塩が出ています。

利尿薬としては、その作用機序の違いにより、フルイトラン(トリクロルメチアジド)、ラシックス(フロセミド)、アルダクトンA(スピロノラクトン)、サムスカ(トルバプタン)などがあります。
これらのジェネリックとしては、それぞれトリクロルメチアジド、フロセミド、スピロノラクトンが出ています。
サムスカにはジェネリックはありません。

α/β遮断薬としては、カルデナリン(ドキサゾシン)、メインテート(ビソプロロール)などがあります。
これらのジェネリックとしては、それぞれドキサゾシン、ビソプロロールフマル酸塩が出ています。
自分に合ったお薬で治療しましょう。