• ホーム
  • 降圧剤の使用妊娠中毒症の際は医療機関で血圧管理を

降圧剤の使用妊娠中毒症の際は医療機関で血圧管理を

収縮期血圧140mmHg、拡張期血圧90mmHgを超過してしまうと高血圧症に分類されてしまいます。
高血圧症といえば肥満など生活習慣との関連性が注目されていますが、それ以外の要因によって高血圧症が引き起こされることがあります。
有名なのが妊娠が影響して高血圧症となる事例です。
妊娠中に高血圧の他、浮腫や蛋白尿といった症状が出ることを総称して妊娠中毒症といいます。
妊娠中毒症の詳しい原因に関しては解明されていませんが、母体と胎児とを結ぶ胎盤やへその緒の形成不全によって胎児に十分な血液が届いていない場合に起こるという説が有力と言われています。

このような妊娠中毒症がひどい場合には降圧剤による血圧コントロールが行われることがありますが、こういった場合の降圧剤の使用に関しては必ず医療機関を受診して、医師と相談するようにしましょう。
それは何故かというと降圧剤の中には妊娠中に服用できないものが多数存在するからです。
例えば高血圧症治療で広く使用されるアンギオテンシン受容体拮抗薬は胎児の発育不全を引き起こす恐れがあるため妊娠中の女性には使用できないようになっています。
またこれもまた高血圧症治療で頻用されているカルシウム拮抗薬に関しても、妊娠中に服用すると妊娠期間や分娩の所要時間が延長する恐れがあるため、使用できないこととされています。

妊娠中の高血圧に対しては医療機関では使用経験上安全性が高いことが確認されているアルドメット、アプレゾリンなどの薬が使用されることが多いです。
これらは妊娠中の方以外にはあまり使用されることがないため、妊娠中毒症の治療を行う場合には、妊娠の症例を多く経験している産婦人科などの医療機関で治療を受けるようにしましょう。